×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

 

FXと株投資の比較

個人投資家が行う資産運用として代表的なものといえば、FXと株が上げられるだろう。近年急速に増えているFXと、資産運用の代表とも言える株。どちらにもメリットデメリットが存在するわけだが、両者を比較してみたとき、どのような違いが出てくるだろうか。

まず違いははじめる際の資金の差。FXは5万円程度あればはじめられ、株とは比較ならない小額の資金ではじめることができるFXのメリットは大きいといえるだろう。

また、FXは株に比べて取引の自由度が高い。株の場合、売りから入った場合、6ヵ月以内に決済する必要があるなど、制限かいくつかあるが、FXの場合、そういった制限はない。

大きな相違点として挙げられるのは、相場の変動だろう。株の場合、会社の景気がよければ上がり続け、悪化すると下がり続ける。極端な話株が紙くずになってしまうことさえある。しかし、通貨の場合、極端に上がり続けることはない反面、下がり続けることもない。より変動が少ないともいえ、バブルが弾ける、といったようなリスクも少ない。FXの方がより安定性が高い取引だといえる。

ほかにはFXは24時間取引をすることが可能、逆に株はFXとは比較にならないくらいの銘柄数があり、選択の幅が広い、といったことなどが挙げられる。

上に挙げた比較を見るとFXの方が圧倒的に便利といったイメージがある。じっさい安全性から考えれば間違いなくFXの方に軍配が上がり、個人投資家に向いている方法だといえるだろう。とはいえ、FXの場合、扱っている業者が破綻し、預託した資金が帰ってこないなどの問題も発生しており、株に比べて業界そのものが未熟な面もある。

個人投資をはじめようと考え、FXか株のどちらにしようか、と考えている場合は、資金や、時間帯、自分の向き、不向きなどを考えつつ、両者のメリット、デメリットをよく比較した上で決定するようにしたい。



当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

Copyright (C) TEAM-D STAR FX. All Rights Reserved.