×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

 

FX 円売り戦略の有効性

少ない資金ではじめられ、資金効率がよいことで個人投資家の間で近年急速に広がっているFX。サラリーマンや主婦などがFXで大きな利益を上げた、といった話も取り上げられ、ますます話題を増している観がある。

FXで利益を上げるには当然のことながら、相場をよく見極める必要がある。とくに為替相場の変動に関してはつねに最新情報を集めつつ、その先を読む目、そして決断力が求められることになる。

最近の為替相場では円売りの傾向が長く続いている。数ヶ月前には日本人による円売り越しがシカゴ商業取引所の通貨先物取引での売り越しを上回った、というデータが発表され、話題を呼んだ。日本人の個人投資家の間で円売りの動きが定着するとともに、さらに促進しているとも言われている。極端な話「円売りバブル」という言葉すら出ている。

そんなこともあり、現在FXでは円売りが有効性のある戦略だと言われている。とくにFXを行っている主婦の間で円売り戦術が多く行われているとされている。この戦術の有効性は、「逆張り戦術」によってもたらされることが多い。逆張りとは相場とは反対の売買を行うことで、短期の取引で儲けている人はこの逆張り戦術を行っていることが多いとされている。つまり、プロの投機筋などが円買いの傾向に流れている間に円を売る、という方法で差益を得ていることになる。

ただし、当然のことながら絶対儲かる戦術など存在しない。現在はあくまで円売りが有効といわれているだけに過ぎない。円売りが儲かる、と安直に考えてFXをはじめたりした場合、相場が動いて大損をする危険性もある。取引はあくまで自分の判断で行うべきだろう。



当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

Copyright (C) TEAM-D STAR FX. All Rights Reserved.